畳を清潔に長く使うための商品選びをお勧めいたします

こんにちは。平間無料情報館の原田です。

 

早速ですが。。畳について最終会?「お手入れ」についてすこし勉強してみたいと思います。

 
images
 

「住宅や生活が洋風になり、対応したモダンな畳が種類豊富にある」ことも、「床暖房に対応した専用畳がある」ことも分かったとしても、やはり気になるのはフローリングなどとはちょっと違う「お手入れ方法」ではないでしょうか。

 

最近は、住宅の気密化がすすんでいるので、畳を入れるとカビやダニが発生しやすい環境が出来てしまう。とも言われているようです。

 

畳の中に生息している生きたダニに掃除機を使用しても、繊維などにしっかりしがみつき吸い込まれないよう抵抗するとのことで、想像するとすこし背筋がぷるぷるします。。。
 
2454
 

普段のダニ対策には、やはり「念入りな掃除」と「湿度」を下げることなのですが、もともと和紙から作られたり、稲わらで中身に発泡スチロールや木材を挟むなど、カビダニが極力発生しないよう工夫された商品も選べますし、

 

畳の構造は、
「畳床」
「畳表」
「畳縁」
で構成されるのですが、
 

structure1
 

適切な時期に畳表を交換するだけではなく、畳の下にダニの発生を抑制するシートを敷き詰めるなど対策を取る方もいるようです。
 

畳のデメリットを知って初めからメンテナンスや対策をし、長く愛着を持ってお使いいただきたいなぁと思いました♪

 
 
平間無料情報館では、お手入れ等も考慮したリフォームをお勧めしたいと思います。お気軽にお立ち寄りくださいませ。