本日は神奈川土建 川崎支部 開所20周年の記念式典がありました。

こんにちは。鹿島田無料情報館の原田です。
本日は「神奈川土建 川崎支部 開所20周年」の記念式典がありました。一言で神奈川土建とは職人さんやこの業界の関係者が、より良い職場環境や家庭環境を維持するための労働組合で、大規模会社にあるような労働組合に近い労働者保護の活動をするばかりでなく、地域住民の方へ配慮する取り組みなども行っています。もちろん組合ですので一人で成し得ないことや、大人数によるスケールメリットなどを生かした恩典、特典などが豊富にあり、「一人親方」と呼ばれる一人自営業の職人さんにも多くのメリットを享受することができます。特に事務方などの煩雑な資料や税金対策などでは1人自営の人にとっては無くてはならない建設労働組合だと言えます。

この20周年式典ですが弊社代表の橋本と出席してきました。弊社代表の橋本は神奈川土建川崎支部の執行委員を務め、毎月2回の執行委員に参加して各取り決めごとや組織の円滑化に一役買っているとのことです。もちろんボランティア活動の一環ですので、土建の執行委員だから恩恵があるとか仕事が回ってくると言うことではないそうです。また弊社代表の橋本の話を聞くと、政治的な要素に関しては社員一人ひとり考え方も違うし、お付き合いの範囲を狭くしてしまう観点から弊社の方針は「応援政党を設けない」とのことでした。実は今回の祝賀会には、某政党の市議会議員さん数名の他、衆議院議員さんも出席し祝辞の他、各テーブルにご挨拶に来ていたので「うちの会社には決まっている応援政党とかあるんですか?」との質問を受けて、「ない」とのことから上記のような話を聞くきっかけとなりました。

 

ここで写真を一枚。
食事をしたり催し物を見ているのが精一杯だったので、写真はこの1枚だけきれいだったので記念に撮ってみました。氷の彫刻です。
img_0370
氷の彫刻や津軽三味線、太鼓等。。。いくつかのパフォーマンスとお食事を楽しみつつ、様々なお話があり、、、、帰りには、いつもDMを送らせていただいているお客様にお会いできる機会もあり、嬉しく思いました。
建設業界。単価の引き下げが相次ぎ、末端の職人さん達の生活は決して裕福なものではなくなってしまったそうですが、少しでも景気が良くなってまた以前のような単価に戻れるよう日々お客様と職人さんたちの懸け橋となるよう、無料情報館も素敵なご案内ができるようにがんばるぞ。オー!!

 

鹿島田無料情報館は、皆様からのお電話、ご予約、お待ち申し上げております。